生活習慣

あごニキビができる仕組み

あごニキビには主にホルモンのバランスが大きく関係します。
男性ホルモンが多くなっている場合、皮脂が過剰に分泌されやすくなります。
そのため、皮脂により毛穴がつまり、あごにもニキビができるのです。

男性ホルモンは、あごの毛も多くなるので、あごの皮膚に皮脂も出てくるという影響があります。
男性なら、男性ホルモンが多いのは当然で、食生活を改善し、睡眠をしっかりと取ることであごのニキビは改善できます。
しかし、女性の場合、毎月ホルモンバランスが崩れやすく、黄体ホルモンというものが分泌され、男性ホルモンの役割を果たします。

その結果、男性のように余分な皮脂があごにも現れ、毛穴がつまって炎症を起こしてしまいます。
他にも、男女共にストレスhttp://xn--w8jzckt5728ee7l.net/や疲れ、睡眠不足により、ホルモンバランスが乱れてあごのニキビができやすくなります。
その時のあごの皮膚は、非常にデリケートになっており、他の部分よりもニキビが大きく赤くなりやすい状態です。

あごのニキビを早く治すために、炎症を抑える成分が配合されたスキンケア、ビタミンCでお肌のターンオーバーを改善することが大切です。
スキンケア用品は、特にハーブエキスが配合されていると効果があります。
ストレスの溜まらないライフスタイルも心掛けましょう。

学生時代に多くの方が経験したと思いますが、若いころにできる思春期ニキビは大人になってからできるものとは違います。
若いころは誰でも一度は顔中にニキビができやすくなる時期がありますので、できてしまったからとネガティブになるのはやめましょう。
毎日の洗顔とその後のスキンケアでたっぷりと保湿してあげることで治ってきます。
ニキビ用の洗顔フォームやスキンケア商品もありますので、そういったもので対処してみてはいかがですか?

このページの先頭へ