生活習慣

ニキビがある皮膚の環境

ニキビ肌の方は、本当は皮膚のキメが細かく、敏感肌の方がほとんどです。
見た目は荒く見えてしまうことがありますが、とても繊細なお肌の持ち主です。

多くの方は、皮膚に油分が多いと思われるでしょう。
皮脂が過剰に分泌されると、ニキビの原因であるアクネ菌が増え、毛穴が皮脂でつまってしまい、結果として皮膚の炎症を起こし、新たにニキビができてしまいます。
ニキビが赤い状態は炎症が起きており、紫外線などの外からの刺激に弱くなっています。

食べ物スポーツにより、汗や皮脂が出た後に毛穴がつまり、ニキビができることもあります。
治っても痕が残っている時には、そのまま消えていくこともありますが、ニキビの原因があるならば、再び同じ箇所からニキビが出てくることが多いです。
さらに、乾燥肌の場合もあります。

乾燥していると、皮脂が余分に分泌されることがあります。
敏感肌の方も、ニキビができやすい状態です。
内側からも外からも、刺激に弱くなっており、炎症、肌荒れが起こりやすい状態です。

そのようなお肌の方でも、食生活や洗顔、スキンケア、運動、ストレスの緩和などにより、ニキビを大きく改善させることができます。
ご自分のお肌の状態を知って、ケアをしてみましょう。
こちらにはニキビができてしまったときの簡単な治し方が紹介されています。
ニキビが出来たと思ったら早めの段階で治していきましょう。
潰すなどの行為は悪化する原因になりますのでやめましょう。



このページの先頭へ