生活習慣

ニキビが発生するメカニズム

ニキビはアクネ菌が増えることでできます。
アクネ菌を増やさないためには、お肌をいつも洗顔で清潔にし、メイクもしっかりと落とす必要があります。
しかし、そのようにしても治らない場合には、別の可能性があります。

乾燥肌、敏感肌になっていることです。
お肌が赤くなることや、ヒリヒリすることはありませんか。
さらに、お肌がごわつくこともあります。

それには、洗顔フォーム、スキンケア用品が原因となることがあります。
強いものを使用すると、お肌の水分や皮脂が余分に取られてしまい、お肌のバリアが低下します。

そうなると、外からの刺激にも弱くなり、内側からも過剰に皮脂が分泌され、毛穴つまり、炎症が起きてニキビができます
逆に気を付けて弱すぎるものを使用すると、皮膚の角質が厚くなり、ターンオーバーも適度にされづらく、化粧水もお肌に浸透しません。
そのため、乾燥肌となり、やはり皮脂が過剰分泌されます。

使用するものとして良いのは、ニキビ用の商品、さらに敏感肌用のものがお勧めです。
角質があるなら、適度に洗顔で取り除き、水分を浸透させましょう。
一度はみなさん経験があるかもしれませんがニキビを潰すことはさらに悪化させることに繋がりますのでいけない行為です。
見た目が悪いからとついつい潰したくなる気持ちもわかりますがニキビを潰してはいけない理由を読めば危険な行為だということがわかるでしょう。



このページの先頭へ