生活習慣

おしりニキビを治す方法

まず、おしりにニキビができる原因とは何でしょうか。
よく座ることによる摩擦や圧迫により、皮膚の角質が厚くなってしまうことです。
そうなると、余分に皮脂が分泌され、毛穴が顔と同様につまり、炎症を起こします。

アクネ菌も増加してしまいます。
その結果、ニキビができてしまうのです。
おしりにできるニキビは治りにくく、生活していてとても気になるものです。

可能な限り清潔に保ち、ニキビを刺激しないことが大切です。
お風呂やシャワーの時にも、ボディソープやシャンプー類をしっかり体から洗い流すことが必要です。
それでも治りにくい場合は、皮膚科へ行って治療を受けるなら、おしりのニキビは改善しやすくなります。

そのままにして、あまりひどくなると、手術などの可能性も出てきます。
一番良いのは普段から予防することです。
清潔さを保つこと、特に汗をかいたらすぐにシャワーなどできれいな肌にすることを心がけます。

食生活も油分やスナック類、糖分、インスタントやレトルト食品を控えて、野菜果物などの健康的なものに改善できます。
服や下着もサイズに合ったものにしましょう。

http://ace2012.info/にもかいてあるようにニキビ全般に言えることなのですが、
ストレスを溜めないことも大切で、ホルモンバランスを整えます。
予防法と原因、対策が分かるなら、対処しやすくなります。

このページの先頭へ