生活習慣

しっかり睡眠でニキビ対応

ニキビができやすい原因の1つとして、睡眠不足があります。
朝、顔にニキビができていたという経験をした方は多くおられます。
では、なぜ睡眠不足だとニキビができやすいのでしょうか。

まず、ストレスを睡眠によって解消している点があります。
十分に睡眠を取らないと、溜まっているストレスも解消できません。
睡眠で心身共にリラックスする必要があります。

疲れが体も精神的にも取れないと、ストレスが一層溜まり、成長ホルモンも正常ではなくなってしまいます。
その結果、体全体とお肌の機能が下がってしまい、お肌のターンオーバーがきちんと行なわれません。
栄養が体の隅々まで、特にお肌に届きにくくなります。
皮脂が出て毛穴がつまり、炎症を起こしてニキビとなって現れてしまいます。

また、睡眠は成長ホルモン、細胞や皮膚の再生を促すホルモン、生体リズムと関係があります。
それらのホルモンや生体リズムは、睡眠中に肌荒れを治し、ターンオーバーがスムーズになされるよう働きます。
お肌の角質が溜まるのも防ぎます。

皮脂の過剰な分泌がされないようにもします。
新しい細胞や皮膚を作るので、きれいな肌作りに役立ちます。
睡眠をしっかりと取ることを習慣にするなら、健康的にリフレッシュでき、ニキビを防いで改善もできます。
十分な睡眠の他にもニキビのできにくい食生活や適度な運動でストレスをためないことも大切です。
スナック菓子やファーストフードなど脂っぽい食事はニキビの原因になります。
たまに食べるのは良いと思いますが、普段の生活では控えましょう。

また、毎日の正しい洗顔でニキビができにくくなるので、しっかりと泡立ててゴシゴシこすらないように洗顔しましょう。
この洗顔方法は正しいやり方を意外と知らない人が多いようです。
知らないうちに肌を傷つけニキビができやすい環境を作っているかもしれません。




このページの先頭へ